転勤族の妻だって、仕事も生き方も自分で選ぼう!!

転勤族の妻の仕事探しが大変な3つの理由と、その解決方法。

転勤族の妻の仕事探しって、なんでこんなに大変なんだろう…

どうにかして少しでも簡単に仕事を探すことってできないのかな

こんなお悩みはありませんか?

転勤族の妻の仕事探しは、他の方に比べると困難を極めます。

なぜかというと、

仕事の継続が難しくキャリアが中断しがち→正社員で働きにくい

夫の転勤辞令はいつも突然→夫の転勤によって仕事を突然辞める可能性が高い

実家が遠く子どもが預けられない→子どもの体調不良時には仕事を自分が休む必要性が高い

という三重苦により、長期で働くことを望まれる場合、企業の面接に通りづらいからです。

本記事では、転勤族の妻の仕事探しが大変な3つの理由と、その解決方法について解説していきます。

(スポンサーリンク)

目次

転勤族の妻の仕事探しが大変な3つの理由

転勤族の妻の仕事探しは本当に大変です。大きな3つの理由について解説します。

仕事の継続が難しくキャリアが中断しがち

仕事を続けていくのに大切なものって何だと思いますか?

それは、キャリアが途切れないことです。細切れでもいいので、キャリアが途切れなければ就職活動時には有利に働きます。

ただ、転勤族の妻はこのキャリアが途切れがちになる為、就職活動が難航します。

夫の転勤辞令はいつも突然

転勤族の夫の辞令は突然、知らされることが多いです。その為、転勤族の妻は就職活動時に企業が求める長期的に働くことができる人材にはなれないので、採用されにくくなります。

実家が遠く子どもを預けられない

小さい子どもがいる場合、突発的な体調不良に見舞われることがあります。しかも、きょうだいがいた場合は一人が体調不良になると、もう一人も続けて体調不良になることが多いため、誰かが付き添って看病する必要が出てきます。

転勤族は、実家が遠いケースが多いため、子どもの看病をすることができるのは必然的に妻が担当することになります。その為、やはり仕事に穴を開けるケースが多いため、就職活動時に企業から敬遠されるようになります。

転勤族の妻の仕事探しが大変な3つの理由の解決方法

転勤族の妻の仕事探しが大変な3つの理由の解決方法について述べていきます。

在宅ワークに切り替えること

転勤族の妻の仕事探しは、

仕事の継続が難しくキャリアが中断しがち

夫の転勤辞令はいつも突然

実家が遠く子どもが預けられない

上記3つの原因から大変だと述べましたが、これを全て解決するのが在宅ワークに切り替える方法です。

在宅ワークであれば、夫の転勤についていく度に就職活動をする必要もないですし、子どもも元気な時は保育園に預けつつ、体調不良時にはお家で自分が看ることができるようになります。

転勤族の妻の仕事は在宅ワークがおすすめ

転勤族の妻の仕事探しが大変なのは本当です。

夫の転勤についていくことを選んだ場合は、その都度、就職活動をする必要があります。

そして、私のように正社員で働くことを選んだ場合、多くのケースで夫は単身赴任になってしまいます。

自分や子どもにとって負担のない生き方を選択したので後悔はありませんが、夫についていき支えることも選択肢の一つとしてあっただろうな…と考えたりすることがあります。

もし、正社員で働くことを選択しなかったら、私は在宅ワークを選んでいるはずです。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる