転勤族の妻だって、仕事も生き方も自分で選ぼう!!

転勤族の妻って寂しい?寂しいと感じる原因と解消方法5選。

悩む転妻

転勤族の妻って寂しいなぁ
どうして、こんな気持になってしまうんだろう。

転勤族の妻として夫についていき引っ越しのバタバタが落ち着いた頃に、ふと寂しくなる瞬間ってありますよね。

  • 転勤族の妻が寂しいと感じてしまう原因
  • 転勤族の妻が寂しいと感じてしまう原因の解決方法

本記事では上記について、説明していきます。

とん子

見知らぬ土地で頼りになるのは夫と子どもだけ。
新しい環境に慣れるまでは寂しいと感じるのは当たり前の感情です。

ただ、寂しすぎるとふさぎこんでしまい、うつっぽくなったり引きこもったりしてしまう原因にもなるので思い詰める前に解消していきましょう。

(スポンサーリンク)

目次

転勤族の妻が寂しいと感じてしまう原因

転勤族の妻が寂しいと感じてしまう原因を解説していきます。

頼れる相手が夫しかいない

転勤族の妻が頼れるのは夫しか基本的にいません。

子どもは話し相手になるかもしれないけど、頼りにするわけにはいかず実家や友達からも切り離されます。

でも、そんな夫も日中は仕事で家にいません。仕事から帰宅しても疲れていると話しをすることもそこそこに寝てしまうことも。

話し相手がいない環境なので、転勤族の妻は孤立しがちになります。

夫の転勤に自分の生き方が左右される

転勤族の妻が夫についていくことを選択した場合、自分の意思とは全く関係なく人生を進んでいくことになるので自分のやりたいことや生き方ができなくなることが多いです。

例えば、マイホームにしても、いつどこのタイミングで建てるのか。自分の仕事についても、なかなか責任のある仕事に就くことができなかったり、などです。

転勤族の妻が寂しいと感じてしまう気持ちの解決方法5選

孤立しがちな環境下におかれることが多い転勤族の妻。

寂しいと感じてしまう気持ちの解決方法を転勤族の妻目線で5つ紹介します。

仕事をする

外に働きに出るにしろ、在宅で働くにしろ一番人と関われて、かつお金も稼げるので個人的に超おすすめです。仕事をし始めたら、毎日が忙しくなるので気がついたら寂しさが吹き飛んでます。

外に出ていく

外に出ていってみましょう。家の中にこもっていては気が滅入るばかり。夫の赴任先についていったのであれば、赴任先の観光MAP等を書店で購入して家の周囲をお散歩したり気になるお店を見つけたりして探索してみると新たな発見もあるし、生活にも役立ちます。

趣味を見つける

一人でも何か没頭する趣味を見つけましょう。夫が日中不在でも自分一人で楽しめるもの、もしくは誰かと一緒に楽しめて仲良くしやすい趣味がおすすめです。

SNSやネットで情報発信してみる

Twitter、インスタグラム、ブログ等で好きなことを情報発信してみましょう。同じ境遇の転妻さんと知り合えたりもするし、情報発信することで仕事につながるケースもあります。

夫に寂しい気持ちを理解・共感してもらう

夫に寂しい気持ちを伝えて、理解と共感をしてもらいましょう。新しい赴任先で夫もいっぱいいっぱいなこともあるでしょうが、妻の気持ちに寄り添えるのはパートナーである夫です。

目標を定めて行動し、忙しくして寂しさを吹き飛ばそう

転勤族の妻は、仕事の継続も難しいし、転勤についていく度に人間関係がリセットされるので寂しい気持ちを感じがちになります。

そんな時こそ、忙しくして寂しさを吹き飛ばしちゃいましょう!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる